忍者ブログ
日々の日記
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 おはこんにちばんわ!(おはよう+こんにちわ+こんばんわ)

今日も元気な五月です。

家のパソコン君が何故かクソ重すぎて

使いもんになりません。しかし書くしかない。


っというわけでね!?

最近ちまたでどうも鬼武者とやらがすごく人気のようなので

俺もさっそく打ってきました。

そして感想へ・・・(伝説へ・・・みたいな雰囲気で)




打ちだしてもうホントすぐに思ったこと。

これの演出つまんねえええええええええええええ!!!!!

っていうかこれ四号機の鬼武者を意識しすぎて

只のコピー品じゃねえですか!?

なんなのよこれは。

今の時代に昔の演出持ってこられても

懐かしいだけでちっとも面白くないっちゅうねん!

なんというか「今日から俺は!」の

パクリ漫画ばかり描いていた昔の俺を思い出した・・・。


でも俺が言いたいのはそんなことじゃないんだ。

俺がどうしても許せないことが一つだけあるんだ。

それは

「千鬼モード」がART確定でないということ。

お前さ?わかってんの?

千鬼モードつったら4号機時代だったら爆連必死の

愉快痛快の極楽天上天下モードよ?

それが何で只の

ARTの期待度アップなんかになってんのよおおおおおおおおお!?







ホールで一人ガッツポーズをとる俺がいた。(しかもART突入せず)

 
PR
一撃数千枚も見えたが・・・? 


うお~スポーツしてえ~

どうも五月です。

タイトルにあるとおり今回はマジハロの実践話でも。

この機種はマジハロ、マジハロRに続き3代目となる

マジハロ2ですが実は私マジハロシリーズはほとんど打ってきていない。

なぜなら設置少なすぎ&設定はいらなすぎだから。

設定6のPAYOUTが高いくせに人気が微妙な機種はたいてい一度も

設定が入ることなく撤去される。

ウチの近所だけかもしれないが少なくともそのへんでは

設定が入っているのを見たことがなかった。

人気もやはりなかった。こういう機種はハイエナ専門と相場がきまっているのだが

この機種にいたってはハイエナも何も1ゲームも回っちゃいなかった。

っというでマジハロは通算500Gも打っていないと思う。


そして登場したマジハロ2。

実は今まで打てなかっただけに(ほんとは打ちたかったの)期待が高まる。

っていうか声優が最高すぐる。

ほっちゃんとかくぎみいとか大丈夫なのかパチスロ業界。

方向性、あってる?


そんなこんなで打ち出す。演出はアリスの方。

まずは基本。ノワールがあれば完全にそっちだったが。

で、打っていてすぐに思った。前回より完全によくできてる。

演出の強弱がハッキリしてるし、高確をわかりやすくしたのも高評価。

高確中にボーナスが引けるかどうかが非常に大切なため高確中は素直にドキドキできる。

なにより声優が(以下略

で、ほどなくしてBIG。うおおおおお!BIG中の歌超いいいいいいいいいいいいいいい!

こいつは必聴ですよ。聴くべし。

それからカボチャンス中の演出もはるかにパワーアップしてる。

なんだこりゃあ文句言うところがねえ。

めちゃおもしろい。エウレカ以来の逸材到来。

でもね?



スーパーカボチャンスを60ゲームで終わらせちゃあ駄目ですよ?
五月「寒い、寒いってまじで。」
キノ子「寒いですなあ」
五「ほっかいろくれ。キリバン、貼る、くれ。」
キ「いや、そんな昔のCMだされても分かる人にしか分かりませんよ。」
五「あ~あ、ナデシコ打ちたいなあ~」

っというわけでナデシコ打ってきましたよい。
キ「どんなわけだあああああああああああああ!!!!」
え?何が?
キ「今完全に話の流れおかしかったよね?ほっかいろ欲しいなあ~の流れだったよね!?」
細かいこたあ気にしない。気にしたら負け。

あらためてナデシコ打ってきました~
登場前から注目されるかと思いきや以外と導入する店は少ないみたいですね。
まああれだけエヴァと一緒だとやはりホールも敬遠するということなんでしょうかね?
パチンコがおおごけしたのもあるのかな?
俺はそこそこ好きだったんだけど。
ま、とりあえず打ってみた感想としては

これエヴァじゃね?

ああ、何だナデシコか。
いやそんくらいエヴァっぽい感じですよ。
音とかスペックとか完全にエヴァです。
でも正直結構おもしろいと思った。演出はパチンコの演出が周到されており
何だ焼き直しか・・・っと思ったら以外とそうでもない部分があったり。
でも良いデキだと思います。
只、少し桜柄待ちなのが気になったな。
大当たりのほとんどに桜柄が絡むせいで
でないと大幅に期待度がダウンする感じ。
あとリール制御でボーナスが丸分かりなのもちょっと・・・
でもま、色々不満な点があるにせよストレスなく
打てる台だと思うし楽しく遊べる感じに仕上がってると思うので
気になった方は一度打ってみてくださいな~




448枚でるBIGが連チャンした時のガッツリ感は
たまんねえっすよ!

 う~ん月日って経つの早い・・・あ、またスロマガでてる。



おはようございます!

こないだ後輩に俺達も歳になったもんだな、と冗談で言ったら

「そうっすよね。残尿感がハンパねえっすよね。」

っとリアルな話をされた。お前の将来が心配だ!

どうも五月です。

前回からしばらくぶりですね。

でもそんなの関係ねえ!でもそんなの関係・・・あるよね・・・・


では引き続きスロの感想を言っていきたいと思います。

もはや新台と言っていいのか?今回の機種はこちら!

「交響詩篇エウレカセブン」!

この台が巷に出回ってからもう3週間ほど経ちますが、

全く人気落ちませんね~^^

やはりタイアップが底なしにすばらしいのとこの機械自体の完成度が非常に高い、

っということなのでしょう。

何故かマイスロやってる人はほとんどいないけどね(笑)

さて五月はというもの、実はエウレカ、思ったより稼働できていません(汗)

だって人気ありすぎて空き台すらない状況で・・・

たとえ空き台になっても履歴がクソすぎて打ってられんとですよ

そもそもこの機種設定が読みにくすぎ!REGの色に一応設定差が設けられていますが

ボーナス自体重いうえに分母が大きいので簡単に分かるような差ではない。

ART確立とか連チャン次第でどうにでもなってしまうから外からはもう判断しようがねえです。

まああれだ、ヤンデレということですな。


中身についての話をすると演出は非常に凝った造りになっていると思うんですが

ややカットイン待ちを否めないかなと。

うる星やつらでもそうでしたが

サミーの機種はカットイン待ちになることが多い。

そういえばウーロンもそうだったなあ。

レア役を待つゲーム性上仕方ないことかもしれんけどどうにかならんかなあ。

第3のボーナスとうたっているARTは

言うだけあってかなり出玉増えます。

増えてる時の爽快感はかなりのもんですが連続演出がめっちゃしょぼいのはなんでなん?

当たった時「えっ?今ので当たり?」って思っちゃったよ。

それとBIG中はアニメと全く同じ映像が流れるんですが

これについては文句なし最高!

ただしREG!これは最悪!これ当たりじゃないよね?子役が連続できただけだよね?

そもそも5択なんか3回も当てれるか!

他にも色々言いたいことありますけど今回はこの辺で。

これから人気も落ち着きだせば設定も入りだすと思うので

僕も打つ機会が増えると思いますので。




はあ・・・残尿感ハンパねえわ・・・

 この前トラックに乗ったまま池に突っ込んだ。
夢で良かったね!



ういうい、林原 めぐみをこよなく愛する五月ですよっと。

寒いですね~いや、マジで。

ホールん中って冷房入れすぎじゃないですか?

そんなこたあない?オッケー!!


前回の予告通り今回もスロの感想でいきたいと思います。

では今回の機種

「デコトラの鷲」!!

大都技研からの新台です。

この台何気にタイアップ機だって皆さん知ってました?

哀川 翔 主演のデコトラの鷲って映画、ホントにあるんですよ。

ストーリー

年に一度、鷲(哀川翔)が故郷浅草に帰る日がやってきた。三社祭の季節だ。
ところが鷲の家に、若いブロンド娘の姿が……。
驚く鷲が事情を聞くと、彼女の名はルーシーといい、アメリカからはるばる父親を探しに来たというのだ。
惚れた弱みと男気で、鷲は一肌脱ごうと決心する……らしい。
 


全然意味がわからん。


でも見てみたいかも(笑)


それはいいとして

デコトラの鷲、あまり稼働よろしくないみたいですな。

システム自体はとてもいいと思うんだけどな~

やはり原因はスペックの方にあるんでしょうね。

何を隠そうこの台機械割がメチャメチャ辛い。

雑誌などでは97くらいとかいてあるけど個人的には95程度だと思うんだけどな。

実際に打ってみた感じこれ勝てなくね?ってリアルに思いました。

BIG中に7揃いで突入するARTデコトラッシュですが

マジに続かないんですよこれが。せかく7揃いかましてもたったの40Gで終了とかザラ。

BIGの枚数は少ないしREGとかあってもなくても同じようなレベルだし

ボーナス確立は低い上に子役持ちも悪い。

さらにARTが全然続かないとくれば・・・・・・・・・

それは客も飛ぶわ!!!!

僕はなんとか1kくらい勝つことができましたが正直もう一回打とうとは思わないですね。

だって勝てる気しないし・・・


でも面白いかどうかはともかくシステムは実際かなり斬新ですよ

BIG中に高確と低格を何度も行き来する、今までにない発想だし

BIG中だけに限ればかなり面白い台だと感じた。

っていうか





哀川 翔(アニキ)を使ってる時点で名機。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/01 kino]
[09/01 五月]
[08/29 kino]
[08/22 スー]
[06/08 スー]
最新トラックバック
(09/26)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R